あきらさんの『笑って生きよう!』

7年間の引きこもりからでも『やりたいことで生きて行けるようになるまでの物語』

MENU

あきらさんって何者なになに!??

f:id:akirasan_comedy:20200726043321j:plain

 

どーも!どーも!はじめまして!

冗談はさておき、私が『お笑い系シナリオライターのネタ書きあきらさん』です!!

  
f:id:akirasan_comedy:20200925052442j:image

(👆こっちが本物)

 

実は、あきらさん…………

 

7年間の引きこもりから脱出しました!!

 

「突然なに言ってんの!?」って驚きました?😅

 

そうですよね。

でも……あきらさん…………

週刊少年マガジンでギャグ漫画賞も獲りました!!

 

「マジで!? っていうか『でも』の使い方もおかしいし、シナリオライターなんじゃないの!!?」って思いました?😅

 

まぁまぁ落ち着いてください😌

 

ただここで1つだけ言えることは……

あきらさんは今……

 

①結婚もできて

②自動化ビジネスでも稼いで

ラノベ作家を目指しながら

④毎日爆笑してます!

って事です!!

 

「だから1つじゃないじゃん!!」って思いました?😅

 

そうなんです!

あきらさん、キャラ渋滞なんです!😆

 

いきなりで何がなんだかわからないかも知れませんが、あきらさんがこの記事で伝えたい事は『7年間「毎日死にたい!」と思っていた地獄のような引きこもりを経験しても、今は笑いながら生きてますよ~!😆』って事なんです!

だから、どん底からでも這い上がってきたあきらさんに少しでも共感してくれたことに感謝して、私の生き様を語ろうと思いま~す!👍

 

ちなみに今のあきらさんは

 

・とりあえず毎日爆笑している!🤣

・自動化ビジネスでお金を稼ぐ事の喜びを知った!😄

・やりたいことでマネタイズできるようになった!

・ギャグ小説を書きながら生きることを楽しんでる!

・人の目が気にならないほどの自信がついた!

・人に好かれるようになった!(マダムにモテる?😳)

・猫にも好かれるようになった!(猫使い?)

・イライラしなくなった!😌

・40歳過ぎても夢に向かって爆進中!!😆👍

 

……などなど、数え上げたらきりがないんですが、このままあきらさんのストーリーを本気で語り出すと、生まれた子供が歩けるようになるくらいの月日が必要だって隣のおばちゃんから聞いたので、とりあえず箇条書きにしてみます😌

好きな所だけピックアップして読んでください😆

👇

 

それではまず、簡単に自己紹介から……

 

あきらさんの42年間

・1978年3月29日に誕生(タッキーと同じ誕生日👈聞いてない)

・埼玉生まれ埼玉育ち、悪い奴らは大体友達じゃない。中学2年までは何となく生きてきた(小さい頃は本当に本当に可愛い子供だったみたいです👈やかましいわ!)

・中学2年の時に複雑な状況が重なって、そこから7年間引きこもりに(泣きながら過ごす死にたい毎日😭)

・しかし、20歳の時にギャグ漫画家を目指す事で引きこもりから脱出!(人生の転機①……っていうか、目標がおかしくない!?)

・21歳の時に1年間で100万円貯めて、22~24歳まで代アニで漫画の勉強(夢に向かって猫まっしぐら!!)

・卒業後、24歳の時に週刊少年マガジンで『第43回ギャグ漫画新人賞』の奨励賞を受賞!!(人生の転機② これがマジだからビビる😂)

・28歳まではバイトをしながらデビューを目指す(でもギャグ漫画家の夢は挫折😫)

・縁がきっかけで貴金属加工の仕事に就職(指輪とかネックレス作ってました😊)

・就職前のバイト先で知り合った嫁様と、30歳の時に結婚(人生の転機③ 結婚指輪は自分で作ったぜい!😆)

・入籍とほぼ同時に猫娘のひなたを拾う。これが俗にいう猫使いの始まり(でも2019年9月に11歳で死去😭)

「にゃ〜ん(化けて出るぞ〜)」👈可愛いからむしろ出てきて〜😂

・31歳で飲食業に転職。1日平均15時間以上の過酷な労働や店長業務も経験(引きこもり以来の2度目の暗黒期)

※この辺りから斎藤一人さんの本に出会ったり自己啓発を学び出しました😊

・40歳の時に、労働時間を減らす為にアニメグッズの製造業に転職(人生の転機④ この時期にWeb小説やTwitterに出会い、人生の目標を改めて『アニメ化ラノベ作家』に決めるのだ😆👍)

※書き始めたWeb小説では13000PVを達成!(『B級能力者相談所~だから電気代を払う前に家賃を払いなさいって言ったでしょ!!~』)
・41歳でブログも始めTwitterから自動化できるコンテンツビジネスに出会う(人生の転機⑤ ビジネスを勉強し、働き方と生き方を再構築😁)

介護施設調理の仕事に転職し、副業と両立

※ビジネスを勉強したおかげで、Twitterは41日間で3700人のフォロワー増!

※ノウハウnoteも販売して収益化にも成功!😳

※副業収益は毎月5桁を維持!トータル収益は10万円を達成!!(2020年7月)

・現在は自動化する仕組みの精度を上げて、爆笑しながらコンテンツ作成に励む毎日👍

 

……と、こんな感じで来てます。

かなりアップダウンの激しい人生ですが、どちらにしても今のあきらさんは

『自動化ビジネスをやりながらアニメ化ラノベ作家を目指す』という、充実した毎日を送りながら人生を楽しんでるということなんです!😂👍

 ※ちなみに更に詳しい内容は、こちらの公式LINEで語っています。

 👇

https://lin.ee/K25tfASG

友だち追加

 

「何でここまで変われたの!?」あきらさんの生き方とは

さてさて、ここからが本題です。

「何でネガティブだったあきらさんがここまで変わることができたのか?」というポイントはいくつかあるんですが、簡単に羅列すると……

・本

・親友

・笑い

・漫画

・夢

・結婚

自己啓発

・未来への希望

・文章を書くのが好きだと気づく

・自分の力で生き抜こうとする覚悟

・稼ぎ方の選択肢

・そして猫

 

などなど、これも数え上げたらきりがないんですが、元々持っていた自分の常識をぶっ壊したところが、変われたことの全てかも知れません。

 

無知ゆえに自分から選択肢を狭めてしまい、未来への希望が持てなくなってしまっていたんですが、良い習慣を毎日続けることで強い自分を作り上げ、自分に自信を持って生きられるようになったんです😉

 

①選択肢がたくさんあることを知り、夢を持って生き、自己啓発をしながら自己肯定感を高めることで、心に余裕を持てるようになる。

②ネットビジネスなどのいろんな働き方を学ぶ事で、金銭的な余裕の作り方も知ることができた。

③本業をやりつつ自分の発信したいことを副業にし、副収入を得ながら夢に向かって突き進む。

だから「やりたいことがやれて毎日機嫌良くもいられる」という訳です😄

 

でもやっぱり、いろんなトラブルが起こっても前を向き続けていられるのは、心の安定が一番大きいと思っています。

そしてそれを支えているのが『健康』であり『働き方(稼ぎ方)』であり『夢』といったものになります。

 

まぁ、ここまで来るのにどんな生き方をしてきたのかは読んでもらえばわかると思うので、あなたも恥ずかしがらずにあきらさんのストーリーをご覧ください。(👈誰も恥ずかしがってないわ!)

 

中学2年で引きこもり、人生最大の暗黒期

そうなんです。

ご存知の通り、中学2年の秋から私は7年間の引きこもりになってしまうのです。(👈ご存知ちゃうわ!)

 

幼少期からの問題や家庭の事情など、細かいことが色々ありすぎるんであえてここでは語りませんが、簡単にまとめると……

・両親は私とまともに会話ができずに、相談できない相手だった(アダルトチルドレン?)

・学校では、体育祭や部活の大会などを喘息が原因で休みがちになってしまった(レギュラーで抜擢されてたのに責任感が強かったので、負い目を感じてしまって学校に行きづらくなってしまった😫)

 

他にも自分で処理できない問題がたくさん重なり、精神的にパニック起こしていたのが最初のきっかけですね。

 

後から聞いたら親もどうしていいかわからなかったようですが、私もとにかく成す術がなく、毎日「死にたい死にたい」と思いながら泣いていました😭

 

来る日も来る日もネガティブなことしか考えられずに自暴自棄になっていましたが、自殺することもなく、なんとかギリギリのところで私は生きていました。(本当にこの時期は辛かったです😣)

 

そして7年の月日が流れました……(早っ!)

※ここでは一瞬ですが、7年はマジで長いっス……😌

 

7年間の引きこもりから脱出!しかし親は……

でも、私が何とか頑張って生きてこれたのは支えてくれた一人の親友と、ある一冊の本に出会えたことでした。

 

引きこもってた時期に支えてくれてた親友の話はまた別の所でしますが、私が出会った一冊の本とは、ダウンタウン松本人志さんの『遺書』という本です。(確か処女作です)
f:id:akirasan_comedy:20200725154340j:image

 細かい内容は覚えていませんが(👈覚えとけ!)、私はこの本を読んだ時に「このままじゃダメだ!」と強く思い、7年間の引きこもりにピリオドを打つ決意をして、自らの力で引きこもりから抜け出す決意をするのです!(👈突然かい!)

 

そう。きっかけとラブストーリーはいつも突然なんです。

(もちろんここまでの流れは、いろいろ複雑なものがありますよ😅)

 

しかし「何もやってこなかったのに一体何ができるんだろう?」と思う私……

 

あやとり?

縄跳び?

いやいやそういうことじゃない!

何か仕事としてやれることを見つけながら生きていかなきゃいけない!

 

でも学歴もない。

人とまともに喋ることもできない。

そんな私に何ができるのか?

 

考えに考えた末、出た答えはなぜか……

「俺は海賊王になる!!」

いやいや間違えました😅

「俺はギャグ漫画家になる!!」でした。👈なんでやねん!!

 

まぁそう思いますよね😌

海賊王もギャグ漫画家も、他の人から見たらあまり変わらない気もしますが、引きこもってた間も馬鹿みたいに漫画を読んだりバラエティー番組を観ていた私は、好きだった「漫画」「笑い」を掛け合わせた『ギャグ漫画』というジャンルに挑戦したいと思ったのです!

 

笑いのセンスは自分でも自信がありましたし、親友からのお墨付きもあったので「これを何かに活かそう」とは考えていました。

そして漫画に関しては全く描いたことがありませんでしたが「10年頑張れば絵ぐらい描けるようになるだろう」という思いがあったので、夢実現までを10年プランで考えていたんです。

 

そしてギャグ漫画界をリサーチし「絵さえ描けるようになればこの土俵で勝負できる!」という自信が持てたので「ここしか引きこもりから抜け出すチャンスはない!」と思って、私はこの時覚悟を決めたのです!(それも凄いけど😅)

 

そして私は、7年間ほとんど口を聞いていなかった母親と婆ちゃんに土下座をし「代アニ(代々木アニメーション学院)に行って漫画を描く勉強がしたい!」とお願いしたのです!

 

これは私にとって人生で一番勇気を振り絞った瞬間でした。

どうなるかわからずドキドキしながら土下座している私は、この時母親から衝撃の一言を聞くのです。

 

その言葉とは……

まさかの……

 

「お金がない」でした😌(チャンチャン♪)

 

代アニに通って賞を受賞~!?

「うそ〜ん!! 7年間も引きこもっていた息子が、命をかけて抜け出そうと一大決心して、土下座をしてまで頼んだ答えがそれ〜!!?」と思いましたが、自分の親を知ってるだけに、正直想定内の答えでもありました😂

 

まぁ親のことはともかくとして、私の決意はかなり固かったので、こんなことでめげるはずもありません。

私は1年間バイトして学費を貯める決意をし、その間は独学で漫画を描く練習をしようと決めたのです(意思固ぇ〜!井村屋のあず〇バーアイスくらい固ぇ〜!)

 

朝の4時から13時まで休みなくお弁当屋さんで働き、午後は我流で漫画を描く。

そんな生活を1年間続けた私は、学費の100万円を貯めて22歳の時に代アニに通えることになったのです。

 

当時は無我夢中でやってましたが、今思えばこの時の私は結構頑張ったかなぁと思っています😅

たぶん引きこもりの時に比べたら、バイトの辛さなんて大したことなかったんでしょう😌

今でもたまに思いますが、引きこもりの経験があったからこそ、今までのいろんな壁を乗り越えられてきたんだと思います👍

 

そして代アニに通うにあたって授業の時間に合わせてバイトを変えた私は、朝は2~3時間ほど早朝のバイトをし、昼間は代アニに通って漫画の勉強をするという生活をしました。

そこそこ楽しい学園生活を送りながらも、そのまま私は無事に2年間の在学を終えたのです👍

 

代アニを卒業した私は、自分の作品を持って集英社講談社小学館といった大手の出版社に持ち込みに行き、担当さんに推薦された作品を賞に応募したのです。

 

そして忘れもしない25歳……いや24歳の……確か、秋……いや冬か?(👈忘れとる!!)

講談社に持ち込みした時に応募した週刊少年マガジンの『第43回ギャグ漫画新人賞』というところで奨励賞を受賞するのです!!

 

「マ……マ……マジか!!?」と思いながらも、雑誌に自分の名前が載った時はめちゃくちゃ嬉しかったですね!!🤣www

 

そしてこれがその時の賞状と

👇

f:id:akirasan_comedy:20200719224057j:image

 

授賞式に来ていた真島ヒロ先生のサインです。(『RAVE』『FAIRY TAIL』『EDENS ZERO』などを描いてる方)

👇

f:id:akirasan_comedy:20200719224432j:image

 

21歳から描き始めて、24歳で受賞。

人間、3年間死に物狂いでやれば、何らかの結果が出るもんなんですね😂

本当に苦しくて苦しくてしょうがなかった時期もありましたが、こうやって報われた事が私にとってかなりの自信になりました。

「これでやっと私もスタートラインに立てた!」と思った瞬間でしたね。

 

しかししかし当然の如く、プロの世界はそう甘くはありません…… 

描いても描いてもボツになる生活に心が病んでしまい、私は何が面白いのかわからなくなって、軽い鬱状態になってしまったのです😣

 

そして私は28歳で「ギャグ漫画家になる」という夢を諦めるのです……(トホホ……)

 

夢を諦めてまともに働くも、ブラック……

そして私は、正社員としてガッツリ働くようになります。

30歳で結婚して家庭を持ったこともありますが、夢のことは一度忘れ、仕事を頑張ろうと思っていた時期でもあります。

 

しかしまぁバイトの時期からわかっていたことではありますが、私のような人間が正社員で働くとなると使われ方のひどいことひどいこと……😅

 

仕事場によっては、人を人とも思わないような扱い方をするところもあり「会社ってみんなこうなのか?」と思うようになるほどでした。

 

そして私は、性格的にも人の下で働くことが難しいと薄々感じていたので、飲食経験が長いことを活かして「自分のお店を持ってオーナー業として頑張ろう!」と思い、某飲食店で独立を目指しながら働くことにしたのです。

要するに「いずれオーナーになる」ということで、人に使われることなく仕事ができるという環境を目指したんですね。

そうすればお金と時間に余裕ができて、いずれまたやりたいことができる生活にもなると思えたんで……

 

しかしそこでの仕事は、思っている以上に過酷だったのです!😣

 

チェーン店だったので全部のお店がそういう訳ではありませんが、私が働いた職場は……

・1日平均15〜17時間労働(平均なのでもっと長いことも😌)

・休みは月に5日(社員数がギリギリなので、社員の誰かが休んだら休日出勤しなきゃいけなくなることも😌※最高21日連勤)

・お中元とお歳暮の時期に、各10万円ずつギフトを売るノルマがある(売れなかったら自腹買取だと入社後に告げられる。場合によっては1年で約20万円の出費になるってこと😌)

・睡眠時間2〜3時間(長くて5時間かな😌)

 

3年半以上これを続けましたが、独立する夢を持っていたので本当にこの時期はガムシャラに働きました。

仕事中も朝だか夜だかわからなくなったり、睡眠不足で仕事中に寝てしまったり、帰り道で歩きながら寝てしまったことすらあります。

※これ以上暴露したら怒られそうなのでここでやめておきますが、とにかく過酷だったということだけ伝えておきます😂

 

でもやっぱり引きこもっていた時と同様に、こういった過酷な状況を乗り越えてきたからこそメンタルが強くなってきたんですよね。

ドラゴンボールサイヤ人のように、人間も逆境を乗り越えることで強くなることを凄く実感しています。

 

しかしそんな中「このままいったらやっぱり体を壊すだけだ」と思った私は飲食業を辞めて、ある程度規則正しい生活ができる製造業に転職したのです(この時までで転職は10回くらいしたかな?😅)

 

そしてここでまた衝撃の出会いが……

 

Web小説とSNSの出会い

この時の私は40歳。

80歳の半分。120歳の1/3です(👈何の話!? これいる!?)

※ちょいちょいこういう訳わかんないのも入れたい年頃なんです😌

 

私はアニメグッズを作っている会社に就職し、缶バッチを作る担当部署に配属されました。

そして飲食業時代の経験が活き、いつの間にか仕事がデキる人間になっていた私はすぐに責任者クラスの仕事を任され、役職をもらう為に簡単なパソコン検定のようなものも受けるように促されます。

(ちなみに私がパソコン覚えたのは30歳からです😅)

 

ここでの仕事で、アニメ関係の仕事に携わりながら少しだけネットにも強くなり、偶然の流れで『Web小説』というものにも出会います。

※素人でも投稿できる小説家になろうというサイトです。

 

もともと私が漫画家を諦めた一つの理由には「絵を描くのが遅い」という問題がありました。

馬鹿みたいにアイデアは出てくるけど、絵を描いて具現化するのが遅すぎて精神的なバランスが崩れてしまい、次第におかしくなっちゃったんですよね😓

 

だからその時に具現化できなかったイデアは、とにかくメモとして残していたんです。

そこで単純に思いついたのが「そのアイデアを、そのまま文章で表現すればいいんじゃね?」ってこと😌

 

漫画を描いていたこともあって挿絵程度なら描けるので、ラノベとして表現することがすごく自分向きだということに40歳になって気づくのです!(👈遅っ!!)

 

まあそれはいいんですが、私が伝えたいのはそういうことじゃなくて、その仕事場で学んだ Twitterとの出会いなんです😂

 

Web小説にハマっていた私はどんどん書き始めていたんですが、投稿しても投稿しても全然読まれることがなかったので、何とかしてそれを拡散したいと思っていました。

そしてこれもタイミングが良かったんですが、なんと会社の講習でTwitterを勉強する機会があったのです!

ここぞとばかりにすぐ参加した私は、これをきっかけにTwitterを始めることができたのです!

 

本業をやり⇨隙間時間にWeb小説を書き⇨

Twitterで拡散する

 

クリエイティブな仕事も自分で宣伝する時代なんだと感じ、そんな中でもやっぱり Twitterのフォロワーを増やさないと影響力がないことにも気づきます。

そして何とかしてフォロワーを増やそうではないかと思い、Twitterの勉強を始めたのです。

 

そして知るインフルエンサーの存在。

「有名人でもないのにフォロワーが〇万人!? なんじゃこりゃ!?😲」

 

自動化ビジネスの存在を知り、もう一度夢を追う

そしてTwitterでは、フォロワー数だけでなく収入面でも異常な存在を目にします。

「月収〇百万、〇千万、そして億プレイヤー……しかも副業で?大学生で?高校生で?ちゅ……中学生でも!?😵」

 

私は本業で毎日12時間くらい働いてるのに、手取りで30万弱……

 

「どういうこっちゃ?🤔」と思いながらも、忙しすぎてSNSにあまり関わってこなかった私にはかなりの衝撃でした。

 

知名度のある人がこれだけ稼いでるならわかるんですが、比較的普通の人がやっても稼いでるというのが最初は信じられませんでした。

 

嘘にしても不自然すぎるぐらい露出しているので「詐欺だったら成り立たないよな?」と思いながら疑問に思っていると、色々な情報を調べている内に、ネットビジネスの仕組み上、理にかなっていることがわかってきたのです(なるほど~と😏)

 

ここで私は「自分の無知は怖い」と感じました……😌

 

『自分』という生き様を発信しながら生きる

ここで知る『情報発信』というビジネスモデルの存在。

ネットで情報を発信し、PV数を集めて収益を上げる。

コンテンツという情報を提供し、購入してもらうことで収益を上げる。

 

『情報』という価値を提供する事で、そこからお金が生み出されるという流れがネット上にはあるということ。

 

そして何よりも衝撃的だったのが、労働ではなく

『自動化』という『仕組み』で収益が上げられる

ということでした!😳

 

・インターネットを使うことで『家賃収入のように不労所得として収入を得られる』

・限られた人間ではなく『コツコツと積み上げれば比較的誰でもできる』

・パソコン1台でできるので『在宅ワークとしてどこででも仕事ができる』

 

「本当にそんなものが存在するんだったらみんなやってるだろ!」と思っていましたが、世間にはネットに疎い人やコツコツ続けられない人が多くいるようで、一部の人にしか伝わらない状態になっていることもわかったのです。

 

そしてそれを学ぶには、ある程度の初期投資も必要だったりするので、入り口から敬遠することが多いのも事実だということ😌

 

ただやる気さえあれば「正当なビジネスモデルとして成り立つ」ということもわかったので「ギャグ小説を書きたい!」と言う夢がある私としては、普通に仕事(労働)をしながら生活することに限界を感じていた時期でもあり、すぐに自動化できるネットビジネスをやる事を決断できたのです!(また突然!)

 

そう!熟年離婚と出会いはいつも突然なんです!(👈そうだけど!!)

 

そして私は、ここからソーシャルワーカーとして勉強をし、SNSを使って徐々に仕事を始めるのです。ジョジョって言っても奇妙なやつじゃないですよ(👈わかっとるわ!!)

 

最初はブログの代行記事を書いたりしてましたが、YouTube漫画のシナリオライターをやってみたり、自分でもブログを書いてみたり、noteなどのコンテンツを販売したりして収益を上げられるようにもなりました(副業での月収は3万円程度ですが)。

 

今はまだ、自動化する仕組み作りという旅の途中ですが、このビジネスによって私の人生が変わりつつあることは確かです😊

 

改めて、あきらさんがこの記事で伝えたいこと

あきらさんの生き方が『変わりたい人の道標』

 

7年間の引きこもりから抜け出し、ギャグ漫画家を目指して賞を受賞。

漫画家の夢を諦めて絶望するも、結婚してから死に物狂いで働く毎日。

ブラックな会社で働いて死にかけるが、Web小説に出会って改めてギャグ小説家の道を夢見る。

そして自動化ビジネスの存在を知り、在宅ワークでも稼ぎながら笑って生きる今。

 

いかがでしょう。

これがあきらさんの生き方です😊

 

不器用にしか生きれませんが、この生き方を発信することが人の為になると思って私は発信を続けています。

若い頃は精神的な事で苦しみ、30代では働き方という意味で苦しみました。

そして40代になった今感じることは、どんな時でも生きることに苦しんでいた時に付きまとっていたのは、いつも

『お金』の問題だったということ。

 

引きこもりから抜け出す時もそうでしたし、転職する時もお金のことで悩みました。

しかし今では、自動化ビジネスの存在を知ったことでお金(仕事)の問題が解消される可能性も見出せています。

 

だからこそ、似たような境遇で苦しんできた人達にも、お金と時間から解放されて、ストレスなく自由に生きる為に『情報発信というビジネスの良さ』を知ってもらい、一緒に自分の夢を追って欲しいと思っています。

 

夢を追うだけの生き方は大変です。

夢を実現する苦悩と、収入の少なさと戦うストレスは半端ないです。

そして労働だけで働く生き方も本当に大変です。

時間を切り売りしている仕事なので、死に物狂いで働いても稼げる金額に限界があります。

そして、どちらにしてもキャッシュポイントが1つしかないので、何かあっても今の仕事にしがみつくことしか選択肢がありません。

選択肢がないということは、いろんな意味で高いリスクを背負うことにもなります。

夢を追うことを諦めて生活の為に安定した収入を得ようとしても、今のご時世ではその仕事ですらいつ失うかわからないんです。

 

結局何をやっても大変なんだったら、今からでも在宅で副業を始める方が、自分の未来に投資できると私は思うんです。

精神的にも金銭的にもリスクを分散させることができるので、生き方としてはその方が賢いと思うんです。

稼げるようになるまでは大変かも知れませんが、その先に自由になるという未来が描ければ、その過程も充実した日々が送れます。

だからこそ私は、情報発信ビジネスを知ってほしい。

その上でやるかやらないか、自分で判断してほしいと思っています。

やりたいことをやれる生活を手に入れる為に……

(今では一日でも早く、この自動化ビジネスを知りたかったと思っています😌)

 

そしてあきらさんの公式LINEでは、本気で稼ぐことに興味のある人にだけ自動化できるコンテンツビジネスの案内をしています。

自動化できればお金と時間に縛られる生活から解放されると思いますが、自動化できる仕組みを作るまでは決して楽な道ではありません。 

だから最初から楽して稼ごうと思っている人は、LINE登録はご遠慮願います。

 

しかし本気で変わりたいと思い、その為に稼ごうとする仲間は大歓迎です!

あきらさんを見ればわかると思いますが、環境も年齢も関係ありません!!

「本気で変わりたい!」「本気で変えたい!」と思っているんだったら、誰だって今からでもチャレンジできるんです!!

 

変わりたいけど何をやっていいのかわからないんだったら、ビジネスをやれば必ず人生観が変わります。

そしてやり続ければ『人生が』変わります!

 

メンタル的な面や考え方の面だけでも、絶対にプラスになるような発信をしていますし、希望者には有料noteなどのプレゼントも用意しています。

だからこそあきらさんの生き方に共感し、一緒に頑張っていこうと思える方のみご登録をお願いしますね!😄

 

あなたの人生が前向きになることを願っています。

 

👇あきらさん公式LINE 

https://lin.ee/K25tfASG

友だち追加

 

あきらさんの発信媒体

Twitter

https://twitter.com/akirasan_comedy

 

Web小説

小説投稿サイト『小説家になろう
「B級能力者相談所~だから電気代を払う前に家賃を払いなさいって言ったでしょ!!~」(13000PVの処女作)

f:id:akirasan_comedy:20190411092614j:plain

https://ncode.syosetu.com/n4120eo/

 

note

https://note.com/akirasan

 

ココナラ(イラストアイコン作成)

https://profile.coconala.com/users/1617341

 f:id:akirasan_comedy:20200606073953p:plainf:id:akirasan_comedy:20200606074205p:plainf:id:akirasan_comedy:20200606074330p:plain

f:id:akirasan_comedy:20200606074249p:plainf:id:akirasan_comedy:20200606074410p:plainf:id:akirasan_comedy:20200606074430p:plain

 

YouTube漫画(シナリオ提供)

youtu.be

youtu.be

 

youtu.be